Archive for the ‘高収入なお仕事の求人情報リスト’ Category

住み込みの期間工という高収入求人の実態について調べてみましたのでご覧ください

2016-09-23

こちらでは、住み込みの期間工というお仕事について紹介したいと思います。住み込みの期間工も高収入求人の1つです。なぜ高収入なのか、どんなことをするのか、ここで知っていってくださいね。

■そもそも期間工とはどんなお仕事を指すのでしょうか。
この点につき、期間工とは自動車工場や電子部品製造工場などに勤務する契約社員のことを指します。正社員のことを本工と言ったりしますので、それに対応する言葉が期間工です。その名の通り、一定の期間を定めて働くことになります。作業内容としましては、部品の組み立てなどの流れ作業を行うことになるようです。

また、検品などのお仕事もここに含まれるでしょうか。

■なぜ高収入求人の1つなのでしょうか。
なぜ住み込みの期間工が高収入求人の1つかといいますと、1つは住み込みであるという点が理由として挙げられます。そのため、住居費や光熱費が浮くため、結果として高収入求人となるわけですね。また、作業が恐ろしいほどに単調であるため、そういった点に関する精神的な負担への配慮もあると思います。

■短期間で一気に稼ぐのには非常に有効です。
住み込みの期間工は短期間でお金を稼ぐには大変に使い勝手の良いお仕事です。夢があり、そのためにお金を貯めたいという人も非常に便利なものとなるでしょう。作業が単調なことが多く、精神的につらさを感じる人もいるかもしれませんが、その分、肉体的なつらさはあまりありません。

また、住み込みのための住居や寮のの待遇については、どこに配属になるか否かにより変わってきますので、そこらへんについても事前に調べておくと良いでしょう。自分に合った職場で働けるとしたら、非常にコストパフォーマンスの良いお仕事であると言うことができます!

高収入求人以外にも簿記にはメリットが沢山

2016-09-02

高収入求人に巡り合えると評判の簿記資格ですが、日商簿記は有名ですね。
日商簿記は、大人気といわれている宅建の2倍以上の60万人が受験している大人気資格です。

日商簿記資格がどうしてここまで人気なのでしょうか。
ここでは、高収入求人以外にもある日商簿記取得のメリットについて紹介します。

■単純に企業ニーズが高い

高収入求人以前に、簿記の資格を持っている、もしくは、知識が豊富である場合、企業のニーズが高いです。
そもそも、簿記の知識はある意味で社会人のマナーとも言われていますから、社会人として働くための必須スキルとも言われているのです。

想像してみると、会計が存在しない会社は皆無ですし、経理がいない会社もないでしょう。
会社の経営会議などでも、簿記の知識がある程度に有していることが前提になって話が進められていくため、逆に知っていないと、お話にならない状況になってしまうのです。

就職や転職の際にも簿記の資格を有していることが分かれば、それだけでこの人は経営に関して数値を読み解く知識があると重宝されることになるのです。
だからこそ、単純に企業ニーズが高まるわけです。

■事業を展開した場合の税金対策

たとえば、インターネットを使って何か商売を始めたい。
自分ひとり、もしくは、友人や家族といった少人数で事業を始める場合には、個人事業主となる場合が多いです。

こういった場合でも、簿記の知識があれば、複式簿記を使って確定申告をすることができますから、節税効果の低い白色申告ではなく、65万円の基礎控除が認められている青色申告を行うこともできますから、税金を下げることにつながるのです。

自分で独立開業する場合でも、簿記の知識があることによって、得られるメリットは沢山あるのです。

高収入求人への近道である日商簿記の試験情報

2016-08-31

高収入求人に巡り合える以外にもメリットが多いといわれている日商簿記ですが、具体的な試験日などはどのようになっているのでしょうか。

ここでは日商簿記の試験についての情報を紹介します。

■日程やコストは?

日商簿記のスケジュールは、毎年3度開催されるのが通常です。
夏前に一度。
秋口から冬場に一回。
年をまたいで年度末前に一回といったサイクルです。

コストに関しては、3級に関しては2570円。
2級でも4630円となっていますから、高収入求人につながるという人気の他の国家資格と比較してもローコストで受験ができます。

■受験資格はあるの?

日商簿記の受験資格についてですが、年齢や学歴などの制限は一切設けられていません。
こういった状況であるため、小学生から定年後の高齢者まで、さまざまな方が日商簿記の試験を受験されています。

このため受験者の数は多く、英検や漢検といった学術資格を除けば、毎年ダントツの受験者を誇っている状況です。

■ボーダーラインと合格率

日商簿記のボーダーラインは、2級でも3級でも100点満点中70点以上となっており、高めに設定されています。
1問で20点という構成になっており、最初の計算ミスですべてが狂ってしまうため、ひとつのミスが命取りになってしまうリスキーな資格試験でもあります。

合格率は2級の場合には30パーセント前後。
3級で50パーセントという状況です。
しかしながら、その年によっての合格率の触れ幅が大きく、合格率がたったの5.7パーセントだった年もあるので安心はできません。

常に普段から80点程度の得点を取れるくらいに学習をしておくことが合格への近道だといわれています。
2級以上になると難易度が高くなり、合格率は低くなるものの、その分高収入求人とも巡り合える確率が上がりますから、チャレンジしていきましょう。

高収入求人に結びつけるために2級から受験はアリなのでしょうか?

2016-08-22

高収入求人につながるとされている日商簿記ですが、4級から1級まで存在しており、いったい何級から受ければいいのか分からないって人も多いのではないでしょうか。高収入求人につながるのが、2級からといわれているため、いきなり2級からチャレンジするのはアリ?という疑問を抱えている方も多いことでしょう。

ここでは日商簿記を取得するなら高収入求人を狙って2級チャレンジ?について紹介します。

■受験条件がない
日商簿記の特徴として、受験資格はないということが挙げられます。たとえば、2級を受験するのに、3級の資格取得が必須なんてこともないわけです。ですから、いきなり2級などを受験することも可能なわけですが、現実的にアリな受験方法なのでしょうか。

やはり、段階を踏んで4級から地道に積み重ねていくのがベターなのか。

■それぞれのやる気次第だが
受験者のやる気次第ともいえますが、基本的には3級を受験してみるのがお勧めです。なぜなら、3級は基礎中の基礎問題だから。そして簿記というジャンルは、基礎が何よりも大事といわれているからです。つまり腕試しに3級を受け、一発合格ができれば、簿記の基礎は出来上がっていると判断でき、次のステップである2級や1級にチャレンジしても大丈夫と判断できます。

要は本人のやる気次第ですが、基礎もまともではない状況で、いきなり応用編は通用しない可能性が高いです。また、いきなり基礎ができていないのに、応用編の学習をしても、その場でただ暗記をしているだけの役に立たない試験勉強になる可能性が高いということ。

日商簿記の資格を取得し、高収入求人につなげたいと思っているのであれば、実際に仕事で生かすための学習をするべきでしょう。